トップページ

盲ろう者について

友の会のあゆみ

手と手とハウスについて

友の会の行事

入会と寄附のお願い

問い合せ先

③生活介護事業所 手と手とハウス


生活介護事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、日中活動において必要な支援や介護、創作的活動又は生産活動の機会を提供します。
手と手とハウスの開所日:月曜から金曜までの平日。土・日・祝日はお休みです。
1.情報提供
新聞の記事ニュースやテレビで見た情報等を提供しています。
2.コミュニケーション学習会
盲ろう者のコミュニケーションの幅を広げる目的で、点字や触手話の勉強会を行っています。
点字の学習会は訪問指導員が指導に当たります。
又、触手話勉強会では、盲ろう者が講師に当たります。
3.調理研修
盲ろう者が中心となって楽しく研修を行っています。
調理の後には試食感想会も行っています。

ドーナツをまるめる

ドーナツをまるめる盲ろう者

4.手作り作品の製作・販売
盲ろう者自身が手作り品を製作し、バザーなどで販売しています。
5.外出活動
盲ろう者に外出活動や社会参加を通じて、さまざまな体験をしてもらう為、色々な場所に出かけて行きます。
6.各種バザーへの参加
外部との交流を深めると同時に、自分達の存在を知ってもらう為の啓発活動も兼ね、さまざまな団体の行うイベントに参加し、作品の販売を行っています。
わたし達は、あのヘレンケラーと同じ目と耳の両方に障がいを持つ「盲ろう者」です。
手と手とハウス生活介護事業所では、通っている人たちが創造をふくらまし、手作り作品を作っています。
いろいろなコミュニケーション(触手話や、指点字)で、毎日みんなとワイワイ楽しくやっています。